生命保険について

生命保険は、何らかの理由で死亡した時にお金が下りる保険のことをいいます。
生命保険が日本に登場した頃は、命をお金に変えるなんて、とんでもないことだという意見が強く、あまり普及しませんでしたが、万が一の時に家族にお金が残せるという考え方が徐々に浸透し、今ではほとんどの人が加入しています。

生命保険の魅力は、死亡した時にお金が降りるだけではなく、他にも入院保障、通院保障、手術保障、障害保障といった様々な保障が付いていることです。
これらの保障は、保険料を支払っておけば、対象となる病気などになった場合などにお金が支払われるもので、急に病気になって入院ということになっても、治療費を気にすることなく治療に専念することができます。

近年では、ガンが日本人の死亡原因の1位となっていますが、その治療費は莫大な金額で、入院や治療が長期化することが多、ガン保障が付いた生命保険が登場し、ガンと宣告された時点で保険料が降りるなど様々な特典が付いているので大変な人気となっています。

自分が死んでしまった場合、残された家族はどうやって生活するのだろうか?子どもが病気になった時、十分な治療を受けさせてあげられるだろうか?このような事はあまり考えたくはありませんが、誰でもいずれは、病気やケガが原因で死んでしまうのですから、生命保険に加入して、万が一に備えておくということは、とても大切なことです。
当サイトでは、生命保険にいつ加入すれば良いのかなどについて説明しています。
まだ、万が一の備えができていない人はどうぞ参考にしてください。



◎特集
万が一に備えて保険の見直し相談が出来るサイトです →→ 保険 見直し